So-net無料ブログ作成

12.03.19...... [私事]

  3月19日午前5時前、自宅階段最上段(13段)より転落。

  そのまま2階寝室まで這い上がり、一旦は就寝したが、午前8時過ぎに右脇腹と右足親指の尋常ならざる激痛により起床。

  タクシーを呼び、駅前の整形外科にてレントゲン撮影したところ、右肋骨『10番(1箇所)』と『11番(2箇所)』の骨折と判明(下写真参照)。


  幸いにもこれまで骨折の経験がなかったのだが、自覚としては、肋骨(確かに呼吸する度に「プクプク」と《何か》が動いてはいたが)よりも、折れているとすれば右足親指とばかり思っていたが、右膝を含め、ただの打撲で済んだ。

12.03.19.jpg




  そしてその3日後、我ながら「プッツン♪」し、金魚を衝動買いしてしまった。

錦之助、桜、与太郎.JPG


上から『錦之助(琉金)』、『桜(丹頂)』、『与太郎(琉金)』



沙羅.JPG


『沙羅(更紗和蘭獅子頭(サラサ・オランダシシガシラ))』


夜叉丸.JPG


『夜叉丸(茶金)』



溥儀.JPG


『溥儀(ブリストル朱文金)』



玄武.JPG


『玄武(江戸錦)』



朱雀.JPG


『朱雀(和蘭獅子頭(オランダシシガシラ))』


青龍.JPG


『青龍(青文魚)』




  名前を付けるつもりは毛頭なかったハズだったのだが、最初に買った3匹(錦之助、桜、与太郎)を店から持って帰る最中に突然この3つの名前が出てしまったため、その後に買い足した子達にも名を付けざるを得なくなった。



  さて、肋骨の骨折後(2日後には自転車に乗って買い物までするようになったが)、一週間近く呼吸も侭ならず、ようやく「静かに鼻を啜る」のにおよそ10日、麺類を啜るのに2週間、「静かに咳込む」のに3週間、まともにクシャミができるようになるまで4週間(花粉症でなかったのは不幸中の幸いか)を費やし、「全治1か月半」と診断(だが遊離した骨がくっ付く可能性は「50%」とのこと)されたが、先月20日に再度レントゲン撮影したところ、『10番、11番共に99%くっ付いていた!!!!!』。


 ......が。



  翌21日、自動車と接触事故を起こし、自転車ごと吹っ飛んだが、左肩と左膝の打撲程度で済んだ(自転車は、前籠が少し歪んだ程度)。




  小学生よりグッピーから始め、ディスカス(繁殖)まで10余年、熱帯魚には慣れ親しんだが、今回、金魚を飼育することが如何に難しいか思い知らされた。
  ここの店主(加藤泰克氏)には、大変お世話になった。






nice!(157)  コメント(44) 
共通テーマ:日記・雑感
https://www.facebook.com/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。